Happy! News

Category: はっぴぃニュース  2013年12月26日木曜日

どうも、朝のミキサー北のです。
今年最後の放送となりました俳句で語〜!みなさまお聴きいただきましたでしょうか。

先週から番組冒頭ではコントコーナーをお届けするようになりました。
今週もまたまりりん先生からコント台本のネタメールが届きましたのでご紹介します。
文中の「まりりん」も「やっちゃん」も先生ご自身のことです。
番組ではやっちゃんをのっこさんに演じていただきました。

##############
皆様、先週結成した「まりりんのっこの冬ばらシスタ―ズ」のオープニングコントより・・・

**お題「煤払い(煤逃げ・煤ごもり)数へ日」**

やっちゃん
「♪も〜いくつ寝るとお正月〜〜♪、まりりん!泣いてもわろても
ことしの俳句で語〜も今日が最後の放送よ」

まりりん
「ほんなこて、早かね〜〜、年末にせんばこと、ちっとは、片付いたね」

やっちゃん
「ぜ〜〜んぜん、進まん。よかさ、あんたも、うちも、明日は明日の風が
吹く〜外国弁でいうなら、ケ・セ・ラ・セ・ラ〜なるようになる〜〜たい」

まりりん
「う〜ん、あんたも、たいがいめでたかね。年中正月気分たいね」

やっちゃん
「うん、そこで、今日のお題の句、よかとのできたとさ。聞いて。


(いろっぽく)

きょうちょっと 風邪気味みたい 煤ごもり

・・ゴホゴホ・・」

まりりん
「また、都合よう、そがんこというて、うちは、風邪なんかひかん!ていうて、予防注射もなんも、せんくせに」

やっちゃん
「うふふ、そがん、かたかこと、言いなさんな。あんたの句、聞かせて、上手かっちゃろね(すりすり・・胡麻の音)」

まりりん
「そがん、ごますっても、せんばことは、せんばけんね!そこで一句」


数え日や 急き立てるらし 風の音


やっちゃん
「さすが!マリリン先生、上品かね(胡麻すりの続き)
リクエストも今の季節にぴったりのザ・ピ―ナツの『心の窓にともしびを』ば、お願いしようか、
あるやろか?」

##############

いやはや、せっかくの教養番組がお笑い番組になってきました(笑)

さあ、気を取り直して参りましょう。
今週のお題は「数え日」「煤払い」「煤籠もり」です。

大掃除の息抜きにどうぞお楽しみください。

--------
●ヨーコタンさん

数え日や 共に露のせ 生き延びて

一年は あっという間で 数え日か

日めくりの 日に日にやせる 数え日よ

数え日の 一日一日の 早さかな
(かぞえびの ひとひひとひの はやさかな)

嫌なこと みんなはたいて すすはらい

世間とは すこし無縁に すすごもり

------
●よしてる

数え日や 勝ち抜けよりも 生き残り

-------
●夢想さん

数え日や 出番を待ちて 干支の午

子は窓を 父は長押(なげし)の 煤を掃き

独り身の 煤逃げできず 箒持つ

-------
●すえよしさん

兄の帰郷 待ちて数へし 日もありき

母たちの 姉さんかぶり 煤払

煤逃げや 友と酒場で 妻のこと

-------
●永田保さん

煤の顔 煤の手で食ぶ 塩にぎり

煤払 煤にまみれし 蜘蛛の糸

煤逃げの マリリン先生 電動の カートで暴走 操作間違え

-------
●岳の新太郎さん

新聞を 被りて神は 煤籠り

この日だけは 憎まれっ子も 晴れ舞台 煤竹取りの 音頭取りをる

-------
●こむそうさん

仏壇は 母の役目の 煤払い

一枚と なりし暦に 薄日さす

-------
●風林火山さん

数え日や 星になりたる 人偲ぶ

若造の 仏の顔の 煤湯かな

数え日や また年ひとつ 重さぬるも

煤払い 男前なる お釈迦様

数え日や グラスに揺るる ブランデー

艶めくや 二人の女神 去年今年

西国の 友の声する 年の暮

-------
●みさきまやかさん

かの日々の 児等の笑顔や 賀状書く

-------
●楓紋さん

数え日や まだ手つかずの 宛名書き

もうすぐだ 年に一度の 煤払い

ていねいに 年に一度の 煤払い

晴れやかに 年に一度の 煤払い

-------
●千鳥の月さん

数え日や 女僧の読経 香華かな

数え日や 息子のフィアンセ やってくる

数え日や 都知事辞任で 腹さぐり

遷宮に 沸きたる町も すす払い

大仏の 掌にのり すす払い

しがらみと この世のうさを すす払い

-------
●風祭左京さん

煤逃げや 電動カート 充電す

-------
●ハム子さん

煤払い 届かぬ先に 目を凝らし

煤逃げの 夫と暮らして 半世紀

数え日や 残る仕事に 気も焦り

数え日や 人寄りがたし 古き家

-------
●たくちゃんさん

竹の葉も 剪定されて 煤払い

-------
●ユーミンさん

粛々と 一億人の 日を数ゆ

-------
●雷五郎さん

数え日の 街角響く 童歌(わらべうた)

-------
●てるてるママさん

住み着いた 良からぬ心 すす払い

-------
●源太さん

数え日に駐車違反の切符切られ

本棚に文学全集煤ごもり

-------
●ドンスケさん

パン焦げた ススをはらって かじる嫁!

大掃除 腹も用いて スス払い!

-------
●声が夕映えさん

70才 来年こそは 生き直す

年の瀬の 心焦るも こたつむり

キンキンと 空気冷え冷え 師走かな

枯れ葉踏み 歩く夜道の 街灯り

-------
●まりりん先生

きょうちょっと 風邪気味みたい 煤ごもり

数え日や 急き立てるらし 風の音

-------
●のっこさん

今年こそと 決めて1年 すすはらい

数え日や 賑あう市場 値も上がり

-------
●ミキサー北の

指を折り 皮算用の お年玉


今年も無事にこのホームページ俳句で語〜のアップも終わりました。
今年一年、みなさま方からのたくさんの投稿ありがとうございました。

おかげさまで、私にとってもこの番組は大変楽しいものとなりました。
あらためて感謝申し上げます。

さて、来年の俳句で語〜!の放送は、1月9日木曜日です。
しかも、新春スペシャルということで、2時間の拡大スペシャルです。

そこで、お題です。
一つ目は「十日恵比須」
佐世保でも毎年八幡神社で十日恵比須大祭が行われます。前日と言うことで十日恵比須の様子を句に詠んでいただければと存じます。

二つ目は「鏡開き」です。
こちらもお正月をちょっと過ぎたあたりですね。

もちろん、お題に限らずお正月の様子を詠んだ句をお待ちいたしております。
新年をどう迎えられたのか、今年の抱負や目標、その他みなさま方の近況などもお書き添えいただければうれしいです。

週末は雪の予報も出ております。
どうぞ、素敵な週末、素敵な新年をお迎えくださいませ。

ありがとうございました。

Posted by: all1 2013年12月26日木曜日 午後12:18 
Category: はっぴぃニュース  2013年12月24日火曜日

皆さん、クリスマスイブの夜いかがお過ごしでしょうか?

いよいよ本日、クリスマス特番オンエアです(^o^)丿

1年の感謝を込め、今年は生ラジオドラマをクリスマスプレゼントにしました♪

惹き付ける演技、聴き入ってしまう内容…
6年半の成長をトクとお聴き下さい♪

1夜限りの生ドラマ♪
普段聴くことのないパーソナリティ同士のやり取りも必聴ですよ(*^^)v

本日22時〜23時の1時間♪

87.3mhz、もしくはスマホアプリでお聴き下さいね♪

聴かないと…キャンベラにチキンにされて食べられちゃいますよ!
きゃ〜〜〜〜怖い!!!!!!

Posted by: all1 2013年12月24日火曜日 午後06:45 
Category: はっぴぃニュース  2013年12月19日木曜日

どうも、朝のミキサー北のです。

みなさま今週の俳句で語〜!お聴きいただきましたでしょうか?
さて、今週もまりりん先生からメールがとどきました。
なかなかおもしろかったのでここに全文を掲載します。

-------
やっちゃんとままりりん一心同体の会話

やっちゃん 
「まりりん!あんた、今何時ておもとっとね〜、のっこさんもう寝とらすよ」

まりりん   
「ああ、そうやった!明日のリクエスト」

やっちゃん 
「そいもばってん、俳句はできとっとね?」

まりりん  
「うちば、だいておもとっとね。俳人まりりんよ、あんたこそ、出来たとね」

やっちゃん 
「う〜〜ん、こがんとはどうかね。
           

   ひとり居て することばかり 暮れはやし#


まりりん 
「なんか、川柳のごたるね。まりりん先生のお手本を・・・
           

   片寄せて 一緒にみたね 冬の薔薇


俳句なら、こんくらいロマンチックにせんばね。
そこで今日のリクエスト、タイトルに、バラのつく歌は、いっぱいあるばってん、冬薔薇って歌詞にでてくるとは、谷村新司の「群青」・・・連合艦隊の主題歌さ、よかうたよね〜〜」


北野様、やっちゃんとまりりんの句も、一応末席に載せてください。

-------

このメール、番組最初にご紹介したのですが、まりりん先生とのっこさんの小芝居になってしまいましたね。
面白いので次回も芝居してもらいましょう(笑)

さあ、気を取り直して(笑)みなさまの句をご紹介いたします。
お題は「短日」」「日短か」「冬薔薇」です。
どうぞごゆっくりお楽しみください。

-------
●ヨーコタンさん

庭の隅 ひとりぼっちの 冬の薔薇

今生に 為すことあまた 暮れ早し

短日や 信号の音 鳴り止まず

これをして あれもと焦る 日短し

孤高とは 淋しさ語る 冬薔薇

揺れ動く なかに夢あり 冬薔薇

-------
●楓紋さん

暮早し 帰り支度に 街路点く

ほっこりと 路地に咲きたる 冬そうび

-------
●こむそうさん

短日や 地下の本屋を 出れば月

短日を 今夜も鍋の 言い訳に

-------
●みさきまやかさん

香を嗅げばカサと音する冬薔薇

その棘の痛々しさや冬薔薇

-------
●すえよしさん

宅配の ふたことみこと 暮早し

カウンターの 奥の九谷焼の 冬薔薇

火の色を 燃やし続けよ 冬薔薇

-------
●永田保さん

喜怒哀楽を 出せぬはかなし 暮早し

喜怒哀楽を 出せるは楽し 冬薔薇

-------
●千鳥の月さん

冬薔薇別れた人のおもいでか

名園で客を迎える冬のバラ

冬バラに託せし想い散りはてぬ

過ぎ去りし夢の想いで冬薔薇

短日やデートの約束早めたり

短日や手つなぎ歩む老夫婦

-------
●峠のサザエさん

墓前にて なんで逝ったか 冬薔薇

千両が 正月飾りは 私よと 庭の隅に 咲いてます

風の音 体温たため 柚子風呂に

-------
●風林火山さん

短日や 踏切の音 響きけり

人の声 いくつも集む 冬薔薇

千羽鶴 残り僅かや 日短し

お見舞いの 白き一輪 冬薔薇

短日や ふと眺めやる 窓明かり

誕生日 育ての親に 冬の薔薇

日短し 一番星の 輝けり

-------
●よしてるさん

妻からの 艶書今さら 冬薔薇

-------
●清掃和琴(せいそうわごん)

鉄塔に 鬼の屍 暮早し

-------
●ハム子さん

冬薔薇や 風に震えて 森キララ

短日や 下校の子らも 小走りに

雲流れ 山静まりて 暮れ早し

枯木星 もちもちの木を 語りけり

-------
●夢想さん

駆けあがる 駅の階段 暮早し

暮早し いまだ灯らぬ 街路灯

短日や 沖に漂う 集魚灯

短日や 野良の仕事の 早じまい

冬薔薇 囲む歩道の 赤煉瓦

海鳴りを 遠くに紅き 冬薔薇

-------
●雷五郎さん

まだ深夜 短日の日々 朝寝坊

-------
●たくちゃんさん

アーチ型 さまざまな色 冬薔薇

-------
●ユーミンさん

お日さまと かけっこしてる 暮れ早し

-------
●ステイシーさん

冬薔薇 着物美人の 通りけり

-------
●源太さん

きみを抱く 肩の細さよ 冬のばら

暮れ早し 食材抱いて 帰り道

短日に 炎を囲む 人のあり

沈黙の 扉を砕き 冬の薔薇

-------
●みきさん

いつしかも あなたをおもう わたしかな

-------
●やっちゃん(まりりん先生)

ひとり居て することばかり 暮れはやし

片寄せて 一緒にみたね 冬の薔薇

-------
●のっこさん

冬バラを 飾りてグラス 傾けし

しまったと 気づきし時や 暮れ早し

布団干し あわてて取り込み 暮れ早し

-------
●ミキサー北の

日めくりの 残りもわずか 日も短か


今回は時間が足りず、先生から総評を伺うことができませんでした。
そこで放送後、まりりん先生からまとめの言葉をいただきました。

「今回はみなさんからのメッセージに『難しい』って言葉のなかったよね。きっと『日短か』も『冬薔薇』も身近なこととしてみなさんとらえられてるのだと思います。
そういう意味では、我ながらなかなかうまいお題を出したものだと感心しています」
と、自画自賛のコメントをいただきました(^ ^)

さて、来週のお題ですが、いよいよ今年最後の放送ということで、残り少ない日々を指折り数えるようになってまいります。
そんな様子を表す「数え日」です。

そしてもうひとつ。この時期大掃除に追われている方もいらっしゃるのではないかということで「すす払い」「すす逃げ」「すすごもり」です。

いよいよ来週は今年最後の放送となります。
1年締めくくりの放送を ぜひお聴きください。

ありがとうございました。

Posted by: all1 2013年12月19日木曜日 午後06:16 
Category: はっぴぃニュース  2013年12月12日木曜日

どうも、朝のミキサー北のです。
最近私は喉の調子がよろしくありません。なんかイガイガしている感じで、どうもこのあと風邪を引くかもしれません。みなさまもお気をつけください。

さて、今週の俳句で語〜!お聴きいただきましたでしょうか。

番組最初にまりりん先生がご紹介された寺山修司詩集を見せていただきました。
ずいぶんと古くて読み込まれたのでしょう。表紙が日焼けしたような色合いになってました。
一冊の本とずっと長くつき合えるというのは素敵なことです。
見習わなくては。

さて、今週のお題は「冬林檎」「風花」です。
どうぞ、ごゆっくりとお楽しみください。

-------
●ヨーコタンさん

もぎとりし りんごは陽の香 まといけり

風花と リズム踊りの 園児たち

みちのくに 思い馳せさす りんごの香

遠き日に 学びの卓や りんご箱

風花を 舞い上げ走る 園児バス

風花が そっと揺らすか ブランコを

-------
●すえよしさん

風花や 薄陽に光る 自衛艦

風花を 愛づゆとりなど 道普請

頬に当て 目を瞑りけり 冬林檎

物言はぬ 赤きほっぺの 林檎かな

すりをろし 妻に飲ましし 冬林檎

-------
●こむそうさん

乗り換えて 林檎の香りする 列車

新幹線 降りれば雪と 林檎の香

読書する 夫にみついり 林檎むく

林檎むく 赤き帯とき 白き玉

はらぺこの あおむし待つや 大りんご

-------
●みさきまやかさん

青空に 風花まう日 窓みがく

-------
●よしてるさん

風花や ケーキに乗らぬ 母の歳

-------
●楓紋さん

食卓に 彩り添える 林檎かな

風花や わたしの髪に つもりけり

-------
●千鳥の月さん

林檎の実 アダムとイブも 誘われて

夕暮れを 三三五五と 青りんご

愛おしき 林檎の頬に 口づける

誕生日 君の作った アップルパイ

街路樹に 林檎なりたる 名産地

夕映えに 風花舞うや ビルの街

-------
●雷五郎さん

福島の リンゴ箱開け 文を読む

-------
●てるてるママさん

津和野路や あなたともいだ りんご狩り

-------
●夢想さん

店頭の リンゴ一盛 500円

風花や 襟立て歩く 歩道橋

風花や 上着はらひて 客となり

風花の 心にも触れ 消えにけり

風花や 賛美歌流る 丘の上

-------
●たくちゃんさん

林檎むき 透析食に コンポート

-------
●ユーミン

風花に 歩けばポット 足の先

-------
●永田 保さん

風花や 霊柩車(きゅうしゃ)の警笛 鳴り響く

風花や 特攻殉国の 碑に舞へる

-------
●岳の新太郎さん

父見舞ふ 癌病棟の 冬林檎

風花を じっと見ている 父の顔

-------
● 峠のサザエさん

アルプスを 超えて九州 冬リンゴ

-------
●風林火山さん

風花や 私立探偵 脚止めり

冬リンゴ 知覚過敏の 歯にしめり

風花や 昨日見し夢 色褪せり

冬リンゴ まだ知り初めし 二人かな

風花の 舞ひて聞こゆる 調べかな

冬林檎 絆の文字の浮かびをり

風花や スカイツリーの肩に 触る

-------
●ドンスケさん

米が来た リンゴを送って 見栄をはる!

リンゴ食べ 差し歯が折れて さようなら!

ボス猿が リンゴ皮向き 芯くれた

-------
●源太さん

発熱に 母すりおろす 冬りんご

風花や ダイヤモンドを ちりばめて

-------
●ステイシーさん

美術室 モデルとなりし 林檎かな

-------
●やっちゃんさん(まりりん先生)

風花や 修司の詩集の 上に降る

冬林檎 八十路句友の 作るパイ

-------
●のっこさん

焼きたてを サクッとほっこり リンゴパイ

今年もか いつかは実る 姫リンゴ

店先に ほほ寄せ合いし 冬リンゴ

-------
●ミキサー北の

あげ初めし前髪 林檎の詩を想う


今週もたくさんの投稿ありがとうございました。毎回みなさま方からの句をこうやってまとめていると、うまいなあと改めて感心しています。

さて、来週のお題ですが、「短日」「日短か」「暮れ早し」など冬至を控えて日が短くなってきた様子を詠んでいただければと思います。

もうひとつ、「冬薔薇(ふゆばら・ふゆそうび)」です。冬に咲くバラのことです。
こちらはなんかロマンティックな句ができそうです。

今年もあと2回の放送となりました。
どうぞ、最後までおつきあいのほどよろしくお願いいたします。

風邪は予防が肝心。私もちと危ないサインが出てますのでしっかり栄養と睡眠をとろうと思います。

みなさま方もどうぞお気をつけて、素敵な週末をお迎えください。

ありがとうございました。



先週お送りいただいたハム子さんの投稿メールがどうやら迷子になってしまったようです。ハム子さんもうしあけありませんでした。
あらためてこちらに追加させていただきます。

ーーーーーーー
●ハム子さん

冬リンゴ 友の田舎の お裾分け

風花や 空の青さを 吸いて舞い

山茶花や 白き垣根の 道標

黎明や 赤山茶花の 花開き

ーーーーーーー

ありがとうございました。

Posted by: all1 2013年12月12日木曜日 午後12:23 
Category: はっぴぃニュース  2013年12月05日木曜日

どうも、朝のミキサー北のです。
昨夜はきらきら大パーティに行ってきました。といっても、仕事でしたが。
みなさんの楽しい顔をみてるとこっちまで楽しくなりました。

今週の俳句で語〜、お聴きいただきましたでしょうか。
番組最初に、特待生として、まりりん先生のお友達の句をご紹介しましたが、なにを隠そう、先生ご本人からのメールでした。
小芝居がちょっと過ぎましたね(笑)

ここで改めてその句をご紹介しますね。

-------

顔見世や 成田屋音羽屋 澤潟屋(おもがたや)

空昏く(くらく) 雲低く垂れ 冬ざるる

-------

これからは先生にもお題の句を作っていただきましょう。いつも私ばっかり苦しんでるようですから(笑)

さて、今週のお題は「顔見世」「冬ざれ」
ちょっと難しいお題だったとみなさん書かれてました。
どんな句が届いているのでしょう。
どうぞごゆっくりとお楽しみください。

-------
●ヨーコタンさん

顔見世や 京の都の 風物詩

冬ざれに 方を寄せ合う 木立かな

顔見世に 高く掲げる 招きかな

顔見世や 花形役者 華競う

冬ざれや 駅のホームの 無言劇

冬ざれや 線路も軋む ローカル線

-------
●楓紋さん

冬ざれて 烏帽子もうっすら 積もりけり

顔見世や ドラマのあの人 口上す

-------
●永田保さん

紅葉葉も 末枯れ(うらがれ)てゆき 冬深む

吉右衛門 一句を成して 楽屋入り

有名俳人 何故に有名 冬ざるる

-------
●みさきまやかさん

少し強く 香たきしめて 顔見世へ

-------
●こむそうさん

白鷺も 水も動かず 冬ざれぬ

ポスターの 残りし壁や 冬ざれぬ

冬ざれや コロコロころがる 紙こっぷ

宝くじ 溝に舞い散り 冬ざれぬ

-------
●千鳥の月さん

顔見世や 江戸のなごりを 今の世に

顔見世や 役者魂 時をつぐ

顔見世や 檜舞台に 華と咲け

冬ざれの 湖にただよう コハクチョウ

-------
●すえよしさん

顔見世や 声張りあげて まねき上げ

不景気の 顔など見せじ 足揃

顔見世を 見に行くほどの 稼ぎなし

大屋根の 庭の冬ざれ 陽よ注げ

-------
●峠のサザエさん

黄金の 大盤振い 小雪の頃

又三郎 思い起すか 木枯の頃

今日は リンゴがほほえむ 宅急便

-------
●風林火山さん

顔見世や 風にはためく のぼり旗

軋みいて 重たき箪笥 冬ざるる

冬ざるる シリアの孤児の あばら骨

トタン屋根 錆顕著なり 冬ざるる

待ち侘びて 届かざる沙汰 冬ざるる

ごり押しで 法案通過 冬ざるる

顔見世や 贔屓の客の 常ならず

-------
●たくちゃんさん

顔見世の 豪華絢爛 舞台かな

-------
●ユーミンさん

冬ざれに 健気に咲きし 小花かな

-------
●みきさん

ステキよね 海老さん あのえがお

-------
●ハム子さん

顔見世や 一度は見たい 晴れ舞台

冬ざるる 里山に見ゆ 狐かな

-------
●雷五郎さん

お前誰? 我が家の顔見せ 洗顔後

-------
●夢想さん

隈取を 入れて役者の 足揃

冬ざるる バスの留まる 終着地

冬ざれや 鉱夫の島の 選炭場

-------
●ステイシーさん

冬ざれの 物音消えし 長屋かな

-------
●ドンスケさん

誕生日 妻の日と重なり 冬ざれる。

顔見せて 妻の日祝い 角沈む!

-------
●源太さん

冬ざれの 流木眠る 砂の床

離農家の 段々ばたけ 冬ざるる

顔見せに 二枚目ありと 師も走り

-------
●よしてるさん

冬ざれや 裸足の道着 押忍と立つ

-------
●小林E茶さん

我髪を 見ては涙の 冬ざればい(T_T)

-------
●のっこさん

地の神の 鈴の音さえ 冬ざるる

今日も行く 冬ざれの道 犬と歩く

-------
●ミキサー北の

冬ざれや 開かずのシャッター 商店街


今週もたくさんの投稿をありがとうございました。
顔見世が冬の季語だと、そして冬ざれと言う言葉も、今回初めて知りました。
いやー、ほんとに教養番組です。

そういうわけで、来週のお題は「りんご」「風花」です。

放送後、まりりん先生お持ちの歳時記をひらくと、りんごは秋の季語に分類されてました。今回は「冬リンゴ」ということで冬の情景を詠んでいただければとおもいます。

もちろん、お題に限らず自由な句もお待ちしております。
みなさまの近況も一緒にお書き添え頂ければと存じます。

寒い日が続いてます。どうぞ風邪にはお気をつけいただき、素敵な週末をお迎えください。

ありがとうございました。

Posted by: all1 2013年12月05日木曜日 午後12:19 
このページのTOPへ