Happy! News

1月16日俳句で語〜!「小正月」「女正月」「寒牡丹」

Category: はっぴぃニュース  2014年01月16日木曜日

どうも、朝のミキサー北のです。
早いもので1月も半分を過ぎてしまいました。ついこの間までお正月だったのに、という感じです。

みなさま今日の放送、お聴きいただきましたでしょうか?
番組冒頭には毎度お楽しみ冬薔薇劇場がございました。
毎回まりりん先生脚本主演でお送りしております。
今回も面白かったので、みなさまに改めてご紹介致します。
お楽しみください。



1月16日望月・十六夜
冬薔薇シスタ―ズ、今朝も美しく咲いております。

〜〜かちかちかちかち〜〜〜(杵の音)


やっちゃん
♪うちら元気な冬薔薇娘♪
かしまし娘にはひとり足りんバッテンさ、二人で立派に、
何人分でんあるけん、負けとらんもんね。

まりりん  
そうそう、今ふとおもたバッテン、サザエさんとヨ―コタンさんばかっちぇて「マドンナカルテット」ば結成しゅうか

やっちゃん
あんたも、言わせておけばどがんことでん言うよね〜〜
ヨ―コタンさんでん、サザエさんでん、あんたより上品かとやけん、ことわらすさ!

まりりん
いや〜〜聞いてみらんばわかるもんね。お二人様、どがんでっしょか?よかったら、お返事待っとります

やっちゃん
いたらんことばっかい考えんで,今日は普通バ―ジョンで一時間しかなかとやけん、宿題ば早言わんばとよ。
まず、うちからの一句。
    
「情熱を藁に包んで寒牡丹」

よかやろか?

まりりん
ほう〜〜藁囲いの冬牡丹の感じの、まあまあでとるたい。
この寒牡丹も冬薔薇も寒さに耐えて凛と咲くもんね。
似たような花で小林幸子の「雪椿」ば今日は頼んだもんね。

うちの一句は
     
「持ち寄りて昼酒頂く女正月」

あ〜〜〜極楽極楽!!

(おしまい)



あろうことか、リスナーのヨーコタンさんとサザエさんまで巻き込んで、今度はマドンナカルテットを結成すると・・・
AKBやモーニング娘も、真っ青って感じです。

さて、そんなことはおいといて
今週のお題は「小正月」「女正月」「寒牡丹」です。
お正月も忙しかったみなさま、よろしければここらで一息ついてごゆっくりとお過ごしください。

-------
●ヨーコタンさん

女正月 ゆったり紅を ひきにけり

喧騒を 封じ込めたる 小正月

ゆっくりと 時間刻みぬ 小正月

寒牡丹 凛と咲きたり 菰の内
※訂正分は来週ご紹介と掲載させていただきますね

寒牡丹 二輪の宝珠 寄り添いぬ

-------
●楓紋さん

小正月 腹にやさしい 小豆粥

庭先で 菰で出を待つ 寒牡丹

-------
●たくちゃんさん

境内の 一隅照らし 寒牡丹

-------
●ユーミンさん

青き松 さらに色増す 小正月

-------
●すえよしさん

冬牡丹 菰家の深き 闇に咲く

旅宿の 硝子越し見る 冬牡丹

赤裸々さ 女にゃかなはぬ 女正月

正月や 回転焼に 人の列

-------
●岳の新太郎さん

降る雪の 中の一闇 菰牡丹

痩せ茎の 真っ直ぐに耐へ 寒牡丹

私など いつ何時も 女正月

-------
●永田保さん

菰の内 くれなゐ深し 寒牡丹

石灯籠を 囲み込みたり 菰牡丹

嫁同士 ひそひそ話や 女正月

嫁同士 どこに行くやら 女正月

女正月の 様子を聞かせい 店長さん

-------
●千鳥の月さん

冬牡丹 大根島の 菰がこい

絵手紙に あふれるほどの 寒牡丹

メールして ママ友たちの 小正月

-------
●こむそうさん

古都の 森一葉もなく 寒牡丹

登廊に 登るを忘れ 冬牡丹

古都の寺 家鳴り響きて 寒牡丹

舞う雪の 影を映して 白牡丹

御仏の 白き吐息や 冬牡丹

-------
●よしてるさん

女狐と 女狸と僕 小正月

-------
●みさきまやかさん

寝床から 朝寝宣言 女正月

ぜんざいの 塩味きかせ 小正月

-------
●ステイシーさん

小正月 一段落の 商店街

-------
●ドンスケさん

体重計 針が傾く 女正月。

-------
●風林火山さん

咲けよ咲け 命の限り 寒牡丹

願掛くも それも幸なり 小正月

羊かんを 女正月 大きめに

正月に 大小あるや 小正月

飲み足りぬ 酒は笑顔の 小正月

繭玉に 託す願ひの 淡き色

好きな娘の 頬赤く染む どんど焼き

-------
●ハム子さん

女正月 話の尽きぬ 湯殿かな

名刹の 奥の日差しや 寒牡丹

山寺の 灯りとなりて 寒牡丹

-------
●ジャズの踊り子さん

どんど場に 一つくべたし 親不孝

-------
●夢想さん

船影を 水面に落とし 冬の月

予備校の 祈願の絵馬や 小正月

小正月 座敷賑う 女客

手料理を 持ち寄り祝う 女正月

女正月 をのこの厨 気にかかり

冬牡丹 八重の重さに 絶えて咲き

薄墨の 空見上げをり 寒牡丹

-------
●ミキさん

あいたいよ。ママだいすきよ。いつあえる。

るんるんへ いつでもあえる まってるね

-------
●源太さん

事こなす 妻の休息 女正月

新地町 ランタン並ぶ 小正月

思い出や 思い出のまま 寒牡丹

-------
●k3さん

指先に 息を吹き掛け 朝散歩

-------
●まりりん先生

情熱を 藁に包んで 寒牡丹

持ち寄りて 昼酒頂く 女正月

-------
●のっこさん

小正月 主夫はまかせて いざ出陣

ろう梅の 風に乗る香に 深呼吸

小正月 のんびりゆっくり 初夢見

ろう梅や 香りきわだち なごむ庭
-------
●ミキサー北の

カミさんと パスタでランチ 小正月


さて、番組最初のご挨拶でまりりん先生の小紋柄のお着物の話になりました。
ぜひ、写真に撮ってホームページに載せてほしいとリクエストを頂きましたので、先生にお願いして、今回に限り、特別に、写真を撮らせていただきました。

まりりん先生曰く、
「私は安売りせんとよ」

(と、いいながら嬉しそうでした)

さて、来週のお題は「冬晴れ」「冬うらら」そし「日脚伸ぶ」です。
ちょうど今日のような日を指す季語だそうです。

これから一年の底になるくらい寒い日が続きます。
風邪など召さぬようお気をつけください。

どうぞ素敵な週末をお迎えください。

ありがとうございました。

Posted by: all1 2014年01月16日木曜日 午後05:02 permalink 
このページのTOPへ
admin 
649273 (W:1436 Y:337 T:077) [Mode] Since 08.2.14