yanacchi's Blog

Category: General  2008年08月27日水曜日

 さて、毎週土曜日の夜20:00からお耳にかかっております”ぶらバン♪”ですが、
もうみなさまのお耳なじみになりましたでしょうか?
 
 ブラスバンドガール&ブラスバンドボーイの甲子園・・・吹奏楽コンクールに心からの応援を送っております明夫先生と私、やなっちですが、今日は3週分(今週、おおくりするBGMも含めまして)の番組中のBGMのご紹介をさせていただきますね^^
 
 
 明夫先生のレクチャーによります、このBGM紹介ですが、是非気になる一枚がございましたら、あなたの耳よりコレクションに加えて頂ければ幸いです。音楽は、こころの処方箋ですからね^^それでは、先々週のBGMと先週のBGMのCDジャケットの写真と共に先生の楽しいレクチャーの始まりはじまり・・・・・
 
 
 イギリスのテューバ協奏曲集。演奏は元BBC交響楽団の名テ ューバ奏者「ジェームス・ガーレイ」です。力強い音色はまさ にテューバの魅力満点! テューバの独奏曲で最も有名・・・というか、クラシックの 世界で唯一、名を知られていると言っても過言ではないレイフ ・ヴォーン・ウイリアムズのテューバ協奏曲も含まれてるよ! テューバ吹きは勿論、クラシックファンにも是非聴いてもらい たいな!  伝説のホルニスト「デニス・ブレイン」の貴重な録音を集め たCD。モーツァルトの協奏曲集の他、デュカスの「ヴィラネ ル」などの名曲やアンコールの小品まで入ってる!  ブレインはホルンを吹くために生まれ、ホルンはブレインに 出会うために生まれてきたのでは・・・とも思えるほど。  ブレインとホルンの関係は、吹き手と楽器ではなく、両者が 一つとなった、「一つの芸術」だと思う。  大学生一年生の時、ボロいラジカセで初めてブレインの演奏 を聴いた瞬間、なぜか涙が流れてきた・・・理由はわからない ・・・ただ、涙を流しながら、一度も止めることなくモーツァ ルトの協奏曲集をすべて一気に聴いた・・・体がしびれた・・ ・無性にテューバが吹きたくなって、夜中に吹きに行ったなぁ ・・・  彼とホルンのような関係になりたい・・・今でもそんな夢を 見ながらテューバを吹いてる。  はぁ書いてるうちにテューバ吹きたくなってきた・・・ 僕が大好きなオーケストラ、ロシアのレニングラードフィルで 首席トランペット奏者だった「アレクセイ・トカレフ」のCD 。  ワシレンコの協奏曲はじめ、ラフマニノフのヴォカリーズの ような小品まで、ロシアの名曲が盛りだくさん。助熱的でロマ ンティックなトカレフのトランペットの音色によって、曲の持 つ素晴らしさというかパワーが光を増してる!  ぜひ聴いてみて!!  ・・・・是非、是非、聴いてみてくださいませ。管弦楽も、オーケストラもだいすきな私ですが、ブラスバンドの響きはまた格別です!!可憐な木管の響きときらびやかで端正なブラ ス(金管楽器)のハーモニー♪ 今週も、あなたの知らないブラスの世界へGO!!

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Posted by: yanacchi 2008年08月27日水曜日 午後11:14 
Category: General  2008年08月05日火曜日

暑い日々が続きますが、みなさん、いかがおすごしでしょうか?

甲子園では、高校球児の熱い夏がはじまりましたが……ブラスバンドガール、ブラスバンドボーイのみなさんの熱い夏は、ちょっぴり早く始まっていたのであります(*^_^*)

毎週土曜日、夜8時から一時間、佐世保東翔高校のブラスバンド部を指導されております中村明夫先生と“ブラスバンド応援番組ぶらバン♪”をお送りいたしております。

先日、8月3日は“全国吹奏楽コンクール”の県大会・中学校の部がおこなわれました。リスナーの方から大会結果を(^-^)当日、速報でいただきました。ありがとうございます。

全国吹奏楽コンクール・中学校の県大会の評価は 最優秀賞 優秀賞 奨励賞(参加賞)と分かれているのだそうです。
県北地区の波佐見中学校は 優秀賞… 日宇中学校 山澄中学校 清水中学校は 奨励賞を受賞されました。
長崎県からの代表に選ばれたのは 小浜中学校 長崎東中学校 の2校のみなさんでした。
みなさん、本当にお疲れ様でした。そして、おめでとうございました。


さて、今回はお知らせが盛りだくさんですよ(^-^)
写真にありますCDジャケットは、先週の土曜日のぶらバン♪でのBGMのものです。
中村先生おすすめの厳選アルバムですので、先生からご紹介いただきましょう♪♪♪

……マーチの王様「スーザ」の名前は吹奏楽ファンなら誰でもしってるよね??

スーザが自分で作ったマーチを演奏するために作った、スペシャルな吹奏楽団、それが「スーザ吹奏楽団」

そのメンバーの一人がこのCDのソリスト「クラーク」様です。

とても古い録音なので、音質は良くないですが、華麗なテクニックと軽快な音楽運びは最高です!

演奏家として大活躍したのはもちろん、後進の指導にも力を尽くし、後生に与えた影響は絶大です。
彼が作った「Technical Studies for Cornet」という教則本は、ラッパ吹きなら必ず通る道と言っても過
言ではありません。

彼の名演奏の数々、ぜひ聴いてみて下さい!!


……明夫先生のお声が聞こえてきそうな、楽しいレクチャーですね。

みなさんも是非、コルネットやブラスバンドの響きを楽しんでみませんか?

Posted by: yanacchi 2008年08月05日火曜日 午後11:45 
このページのTOPへ