yanacchi's Blog

Category: General  2014年01月21日火曜日

遅ればせながら・・・
あけましておめでとうございます☆
 
いえいえ、この時期ですと
「寒中お見舞い、申し上げます」というご挨拶に。
 
どうぞ、みなさまも新たな一年を、心身ともに健やかにお過ごしいただければ嬉しいです^^ということで、
毎週日曜日、朝11:00よりお送りいたしております医療番組「病は、気からかな?」
お聴きいただいていると嬉しいのですが。
 
 
さて、この時期、御注意いただきたいのが
1/19(日)ゲストにお迎えいたしました
佐世保市保健福祉部 生活衛生課 食品衛生係 大野 洋義さんに伺った
<ノロウィルス>というウィルスによる食中毒なのです。
 
 
11月〜3月の時期、特に御注意いただきたい!
食べ物に付着したノロウイルスは、<食べ物の中>ではなく、<人の体に中にはいってから>増えるのです。
 
予防は、ズバリ!
<体の中にいれないようにすること>
それには
^^敵!→ノロウィルスについて知り、対応しましょう!!!
 
●乾燥に強い、アルコールが効きにくい→
☆<煮沸消毒や次亜塩素酸ナトリウム(市販品では、ハイターなど)での消毒作業>☆
 
●自然界での抵抗力が強い、温度が低いほど安定 →☆<85〜90度で1分半以上加熱調理する>☆
 
●他の季節の食中毒とタイプが違う=人の体内(小腸上皮細胞)のみで増殖する→
☆<体の中に取り込まないように、食物をお口に運ぶ手や食べ物に直接触れる調理器具などの衛生管理は、大切>☆
 
●ノロウィルスは、小さい!(直径35〜40nmの金平糖のような形状、細菌より小さい)ので、手のしわなどに入り易く、浮遊しやすい→
☆<念入りで、丁寧な手洗いが大切>☆
 
●なんと言っても・・・・感染力が強い!  10〜100個で感染する・・・・だから、ノロウィルスでの食中毒が起こった場合、患者数が多く発生しやすい→
☆<第二弾で、嘔吐物の処理の仕方・・・・御紹介しましょう^^>☆
 
 
また、以下のような特徴もあります
 
●人の要因により、感染・発症に差がある・・・・ということは、
→症状が強く出る人と、そうでない人がいる(不顕性感染)
 
●症状消失後もウイルスを排出する
 回復後も2週間から1か月糞便中にウイルスが排出される・・・・ということは
→症状が改善しても安心とはいえないので注意。家族や周りの人に感染させないような配慮が必要。
症状がおさまっても、
お風呂の順番は最後に、トイレ、手洗い後のタオルは、しばらく別々に、洗濯なども別々に・・・・・と、大変ではありますが、家族内で感染が広がらないよう、家族内で協力して対応することが要のようです。
 
次回は、
ノロウィルス食中毒における嘔吐物の処理について、ご紹介します。

Posted by: yanacchi 2014年01月21日火曜日 午後01:08 
このページのTOPへ